software development, test automation, mathematics, artificial intelligence, blockchain, SES, mobile, web, development,

agNedia's official somniloquy

agNedia Blog!

Uncategorized

フルスタックエンジニア育成のためのスクラムアジャイル教室③:基本のほ

更新日:

第3回は基本事項、その2です。

見える化

スクラムアジャイルが成立するには顧客・経営者(プロダクトオーナー)側と開発チームの間に信頼関係を維持しなくては成立しません。
開発チームの進捗状況がリアルタイムで、顧客・経営者としては確認できることが必須になります。
一般的なアジャイルのトレーニングでは、紙によるカンバン方式が採用されています。神によるカンバンではウェブでチェックやリモートでのチェックができなく、やや不便になってしまいます。
そこで、オンラインツールとして、JIRAやRedmineが存在します。
また、単なるカンバンだけでは、プロジェクト進捗状況の実態を表したものにはなりません。そのため、プロダクトオーナーが「いつでも」「簡単に」プロジェクトの進捗を確認できるように、成果物をチェックできるシステムを構築する必要がでてきます。
成果物は、仕様書、試験仕様書、実際に動作する試験プログラムなどが挙げられます。

試験

これも、経営・顧客側との信頼関係を維持するのに重要な役割をします。
開発チームが「完成した」と言っても、開発チーム全体に仕様理解の祖語や勘違いが存在すれば、試験はOKであっても納品できるものではありません。
仕様書の別の表現方法として、試験仕様書があります。この2つの仕様書を組み合わせることにより仕様の間違った理解は削減されるでしょう。
受入検査として、試験仕様書に従った試験をスクリプトなど試験プログラムを駆使して行います。

CIツール

Continuous Integrationツールはプロジェクトの見える化には必要な存在です。
ひとつずつ実績を積み上げていくアジャイル手法では、デグレの様な品質の劣化は防がなければいけません。










-Uncategorized
-, ,

Copyright© agNedia Blog! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.